記事作成の在宅アルバイト求人 ~在宅ライター募集~

youkoso3記事作成の在宅アルバイト求人サイトへようこそ!

当サイトでは自宅で出来る記事作成の在宅アルバイト求人情報を厳選して掲載しています。
自宅でお小遣いを稼ぎたい在宅ライターさんを募集しています
貴方のライフスタイルに合った最適なライター募集サイトが見つかります。


初めて在宅ライターを始める方へアドバイス

在宅ライターを始めてみたいという方に朗報です。
実際に在宅ライターで稼いでいる先輩方よりお話しを頂きました。
在宅ライターの始め方や、初心者向けの案件、稼ぎやすいサイトなど
実体験から得られた貴重な記事作成ノウハウです。



経験ゼロから在宅ライターへ



『在宅ライターを始めたきっかけ』


私が在宅ライタ-を始めたのは、ごく最近のことです。
子供が小学高学年になり、宿題や翌日の授業の準備など、身の回りのことが私の手助けなしに出来るようになって来るに従って、これまで子供に費やしていた時間が、かなり自由に使えるようになって来ました。
ただ、一人っ子で甘えん坊の娘を放課後に完全に一人で留守番をさせるとなると不安もあるので、外に働きに行くという選択肢は今のところありませんでした。

何か家にいて出来ることはないかしら…と漠然と考えていたある日、よく見ていた某大手新聞社主催の掲示板の話題に“在宅ライター”というのが挙がっていて、それがとても気になったんです。
昔から文章を書くのは好きで得意なほうですし、ライターという仕事にも憧れがあったので、もっとよく知りたいとネットで検索をかけてみると、在宅ライターというのは、指定されたテーマやキーワードを元に、ブログなどの短い記事を書く仕事が多いということが分かりました。
もしかしたら、私にも出来るかもしれないと、実際にお仕事をするにはどうしたらいいのかを調べてみたのです。

『仕事の探しかた』


実際、ネットで検索すると「在宅ライター募集」というページもたくさんヒットしますが、あまりにもいろいろ有り過ぎて、どこがいいのか選ぶのが難しそう。
また、こういったライター募集では、10-50件などの案件がセットで発注されることが多いようなので、経験のある人、時間のたっぷりある人にはまとまった収入にもつながるのでいいのかもしれませんが、ライターとしての実績の無い私には荷が重いかな…というのが正直な感想でした。

更に調べていくと、幾つかのサイトでは、登録をしておいてページ上で紹介される案件から自分で書けそうな記事を選んで書くというのが可能なものもあり、これなら私にも出来そうと幾つか登録してみました。
私が選んだのは、口コミで評判がよく、登録者数も多い「サグーワークス」と、「クラウドワークス」です。

『在宅ライターって難しい?』


在宅ライターを始めてまだ2ヶ月ですが、「好きなファッションについて500文字で」とか、「渋谷というキーワードで400文字」とか、特別な知識がなくても自分の思うことをそのまま文章にすればいい案件も結構見つかることが多いので、経験のない私でも自分でも意外なほどスムーズに書けています。
記事を書く時に気をつけているのは、それぞれのサイトや、個々の案件の注意事項を必ずきちんと読んで、発注するクライアントが求めている記事を把握すること。
また、どんな人が読んでも不快にならない内容を、数行毎に改行を入れたりして、読みやすい文章を書くことを心掛けています。

もちろん、記事はオリジナルを求められるので、ネットの他の記事や本などを参考にすることはありますが、それをそのまま使わずに、自分の言葉に噛み砕いてから書くこと。
これは何より大切です。

『在宅ライターの収入-私の場合』


子供が学校に行っている間に、掃除や買い物などを済ませてから書いているので、1日に書くのは2-3記事ということが多いですね。
記事1本の単価は50円-200円ぐらいのものがほとんどと決して高くはないですが、毎日コツコツ続けると結構溜まって来るもので、先月は7000円ほどの収入になりました。

じっくり考えながら書くと1本1時間ぐらいかかってしまうことも多いのですが、得意な話題なら30分かからずに1記事書けることもあるので、経験を積んで慣れていけば、近い将来は月に1万円以上の収入になるのではないかと思っています。
当面の目標は、「半年後の月収1万5千円」です。



在宅ライターの始め方



インターネットを活用して稼ぎたいと思っている人にとって、在宅ライターは最適な職種です。
世の中には様々なネット副業が存在しますが、はっきり言って安定して稼げるものはほとんどありません。
一ヶ月に何万人もの視聴者を集められるような人気サイトでなければ「アフィリエイト」の収益は微々たるものですし、「FX」は利益より多額の損失を生む危険性の方が高いと言えます。

その点、在宅ライターは記事を書くだけで一定の収入を継続して得られる仕事です。
興味があるなら間違いなく始めて損はありません。

さて、一口に「記事を書く」と言っても、ライターに求められるものは様々です。
特定のウェブサイトや商品の長所を説明する文章、特定の事柄について論評するコラム、日々の出来事を記述する日記。
記事を書くにあたって、クライアントの提示する条件をしっかり把握して文章を作成することが重要です。

記事に求められる文字数もクライアントによって異なりますので、1記事あたりの作成時間もまちまちです。
早ければ5~10分程度で終わることもありますし、2~3時間以上かかる場合もあります。

概して執筆に時間のかかる記事ほど報酬も高くなります。
100文字程度の短い記事なら数十円前後、1000文字以上なら数百円~千円前後の報酬が一般的ですが、秀逸な記事を書けるようになればライターとしての信頼が高まり、クライアントから提示される報酬が上がることもあります。

在宅ライターとして稼ぐために大切なことは、時間を効率的に使ってできるだけ多くの記事を執筆することです。
1記事あたりの報酬が少なくても、多くの記事を書けばその分収入は上がります。

ちなみに私は一日に5~6時間ほど記事作成に時間を費やしています。
執筆速度はそれほど速い方ではないと思いますが、それでも一月に2~3万円は稼いでいます。
努力次第ではもっと稼げる人もいることでしょう。

もちろん在宅ライターにも守らねばならないルールがあります。

一つは、「守秘義務の厳守」です。
クライアントから記事作成を依頼される際、様々な企業情報を伝達されることがありますが、それらの情報を記事作成以外のことに使用してはいけません。
自分のブログで公開するなどもってのほかです。

また、「著作権」も守らねばなりません。
記事を執筆する際、本やインターネットの検索で情報を調べることが多々あると思いますが、それらの文章を丸写しすることは法律違反となります。
たとえ資料を使うにしても、必ず自分の言葉で表現するようにしましょう。



始めて1ヶ月目の結果報告



これから在宅ライターを希望される方に、私の在宅ライターの様子を少しお伝えします。
私は、ちょうど在宅ライターを始めて一か月経ちました。
ただ私の場合は、数などまとまった依頼を受けてから、執筆するライター業務ではなく、「 げん玉クラウド 」の中から、今できそうなものを選んで、その場で執筆し、その場で納品する形です。

クラウドは、早い者勝ちで、うまく自分の書きやすいテーマを見つけることができるかは、運に近いかもしれません。
ですが、他のサイトに比べ、一記事の単価は高めです。
テーマも多岐にわたっているので、書きやすいですし、少しでも自分が書けるかな、という記事なら挑戦することをおすすめします。

私は、このクラウドでのお小遣い稼ぎをする時間は、子供のお昼寝の時間か、家族が就寝した後の1~2時間くらいです。
ですが、できるだけ、毎日続けるように意識しました。少ない時は1日に1記事の時もありますし、うまくテーマが見つかって連続して5記事くらい書くことができた日もあります。
その結果、1か月の金額は1万円を超えることができました。

1万円を超えることを第一目標にしていたので、1日にしたら数百円ずつですが、「塵も積もれば山となる…」ということで、すごくうれしかったです。

もし、クラウドで在宅ライターを始めるのなら、できるだけ毎日継続することを、いろいろな出来事に関して興味を、浅くでもいいので、広くもつことをおすすめします。
いろいろなテーマで書く必要がでてきますが、少しでも聞いたことある…という状態だと、全然知らない時とは違い、調べればそれほど難しくなく、記事にすることができるからです。



始めて2ヵ月目の結果報告



私は、「 クラウドワークス 」という在宅ワークのサイトでお仕事を始めてから、二ヵ月半が経過しました。
このクラウドのサイトでは、プロジェクトやコンペという方式のお仕事の他、誰にでも簡単にできる記事を書いたり、サイトのチェック作業、アンケートの回答、クチコミの投稿といったお仕事が、毎日たくさんの種類から選べます。
私はその中から自分が得意な分野の記事を書くお仕事を選んで、コツコツ空いた時間にお小遣い稼ぎをしています。

記事も文字数が100文字から1200文字ぐらいのタスク作業ばかりなので、私はいつも自分が得意な美容やダイエット、ファッション、恋愛などの分野のお仕事を選んで作業しています。
具体的には、お部屋の掃除をしたら3記事、洗濯をしたら3記事、お料理をしたら3記事といった感じで、気分転換に作業しているので、全然ストレスにも疲労にもなりません。
楽しく好きな分野の記事を書いて、いつの間にか月に2~3万円ぐらい稼げるようになっていました。



稼ぎやすい狙い目の案件



私は、「商品紹介」のタスクを重点的にこなしています。

商品紹介というのは、化粧品や健康食品のような商品の紹介や口コミ記事の事です。
これらの記事は、テーマフリ―のブログ記事より、単価が高く100~250円するのもあります。
最初は、商品紹介サイトをチェックしながらで、多少、手間が掛かりますが、慣れると、20分位で400文字程度は書けます。

また、これらの商品紹介記事は、制限が無く、切り口と内容を変えれば、一人で何度も投稿できますし、採用率も高いのです。
この記事を一つ仕上げるのに、20分として、5記事書くとすれば、100分です。
2時間かからずに、1000円稼げるという事になりますよね。

同じように狙い目なのは、「都道府県」の紹介記事です。

単価も100円~200円と高く、文字数もそれ程多くはないのですが、地理に関する事だからなのか、意外に作業されているライターさんがいません。
ここだと競争相手がいないわけですから、時間にゆとりをもって作業できるわけです。



案件数が多いサイトを選ぶ



私は現在、在宅ライターに4つ登録をしています。
在宅ワークをするにあたってのアドバイスは、やはりいくつかの会社に登録することです。
一つだけでは月に2万くらい稼ぎたい人には厳しいと思います。
ライターの書き方はそんなに難しくはないですが、自分の書きやすい題があるかないかで収入がかなり変わる為、いくつかの在宅ライターに登録することをお勧めします。

私が登録をしているのは、「 げん玉クラウド 」、「 クラウドワークス 」、「 Shinobiライティング 」、「 サグーワークス 」です。

その中で書きやすいのが「げん玉クラウド」です。
案件も多いですし、自分が書きやすいのが多いです。

私が登録している4つは案件はとても多いです。
毎日100円の案件を10件書いたとします。
それを30日続けたら30,000円になります。

今まで主婦をしていた方には良いお小遣いになると思います。



3サイト掛け持ちで月収5万円



私は昨年まで正社員として事務員をしていました。
しかし脳出血を起こし長期入院し泣く泣く退職を余儀なくされました。
脳の病気ですので、再就職も難しく車の運転もできない状態で途方にくれていました。

住宅ローンもまだまだ残っていますし、子供の教育費だってこれからかかります。
完全に無収入になった私は、家にいながらでもお金になる仕事がないかネットで探していました。

そんな時にみつけたのが「在宅ライター」です。
もともとパソコンを打つのは得意ですし、真剣に漫画家をめざしていたこともあり、想像力も妄想も大好き人間です。
作文も書くのは得意でしたので自分にでもできるかもしれないと、登録してみました。

パソコンさえあれば簡単に開始できますよ。
できれば入力が早いひとがいいですね。
慣れている人のほうが向いています。

わたしの在宅ライターの収入は平均すると1か月5万円くらいです。
かなり高額なほうだと思っています。
ほとんど朝から晩までパソコンの前で作業しています。

休日もずっとパソコンで作業します。
もう生活の一部になっていますね。
でも在宅ライターのいいところは、通勤することもないし時間に縛られないことです。

疲れたら休憩できますし、家事もできます。
調子がよければずっと入力していることもありますが、今日は少なめにしようとか体調によって仕事の調節ができます。

病気持ちの私にはぴったりの仕事です。と、いうかもうこの仕事しかお金を稼ぐことはできないのです。

評価していただく文章を書くには、決められた文字数を守り、書いてはいけないテーマもありますのでよく説明文を読むことです。

稼ぎやすいサイトは最初は、「 サグーワークス 」がいいと思います。
初心者向けのお小遣い稼ぎサイトです。

慣れてくれば、「 クラウドワークス 」がいいですね。
物件も多いですし、書きやすいテーマが多いのが特徴です。

私は3件掛け持ちしています。
1記事の価格もテーマによって差があります。
自分の書きやすいテーマから始めてみてはいかかですか。



魅力的な文章の書き方

ライターの仕事を始めてみたけど「思うように筆が進まない・・・
出来上がった記事を客観的に読み返してみると、「自分でも魅力がないと分かる文章が完成してしまった・・・
と、お嘆きの初心者ライターさんへ

今回、ライターさんの中でも特に評価の高い、「第一線で活躍する1流ライター」さんにアドバイスを頂きました。
今の悩みを解決する糸口が見つかるかも知れません。

共通した意見では
複雑な文章」=「下手糞な文章
読みやすい文章」=「上手な文章」で概ね一致しました。

多くの人の心を惹きつける魅力的な文章というのは例外なく「読みやすい」です。

ウッカリすると、あまりにも読みやすいのでレベルの高さに気が付かない時があります。
1回目の所感: 「面白かった~感動した~」で終わってしまっては勿体ないです。
5~6回、繰り返し読むと、「削るところがなく、付け足すところもない
まるで、「モーツァルトの楽譜」のような完成された芸術作品であることが分かります。

一字一句を見逃さずにテクニックを吸収しましょう。
ちなみに、これからご紹介するノウハウは一般的な文章講座セミナー(受講料20万円分)の価値があります。(笑)



わかった!文章を書く”コツ”



この記事が、少しでもあなたのストレス軽減にお役立ちできれば幸いです。

まず”魅力ある文章”について考えてみましょう。
大きく分けて3ポイントはあると思います。

①文章構成
②信憑性
③読み手との気持ちの共有


文章構成


文章構成は、話の順序や読みやすさですね。
これは、まず文章作成の前に作文の中身を大きく分けることですね。

本や雑誌の目次をイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。
作文前に大きく分けることによって自分自身の頭の中が整理されますし、読み手もわかりやすいと思います。

初めのうちは、紙にメモを書いて大きく分ける練習をすることを勧めます。


信憑性


信憑性は、とても重要な要素だと思います。
魅力ある文章”以外にも、”魅力ある人”、”魅力ある物”にも日頃から信憑性が付きまとうと思います。

オリンピックではドーピング検査がありますし、ブランド物のバッグなどもパチ物かどうかの信憑性が重要な要素になってきます。
それは人間というのは””にいいものを得て、感動を得たいと思うからです。

それによりアドレナリンが分泌されて、”楽しい”、”生きてる”と思えるものです。
逆に””の物でなければ、もしくは疑わしいものはメリットが何もないので避けたがるものです。
バッグなど本人が分かって、割り切っていれば別問題だとは思いますが。。。

情報、文章については、嘘や過大な表現をすると読み手が迷惑をします。
少しでもその要素があれば文章全体に信憑性が失われると思います。
気をつけましょう。

読み手との気持ちの共有


読み手との気持ちの共有は、テーマにあった文章を書けているかどうかだと思います。
読み手が何を求めているかを考えてみることが大事だと思います。

自分の価値観で考えるのではなくて、まずテーマを考える。
それから自分の価値観や思いを乗せていく、といいのではないかなと思います。

私もそうですが、急には魅力ある文章は書けませんし、いつも書けないと思います。
少しづつ慣れていって、文章を書ける”環境”を作っていくことも大事だと思います。

家の掃除やゴミ捨てなどもきちんとやっておくと、心に余裕ができていろいろ考えられるものです。
がんばりましょう。



魅力的なライティングのコツ



ライターをするようになった当初は「とりあえずクライアントの要件を満たせる文章を書けばいい」という姿勢でした。
けれどもあるクライアントさんから「貴方の文章は魅力的ですね」という言葉をかけていただいてから、魅力的な文章ということについて考え始め、そして読み手の心をひきつけるような文章を常に書くように心がけています。

個人的に思う「魅力的な文章」とは、書き手の「気持ちの動き」が伝わる文章だと思っています。
これが1つめのポイント。
さらにその気持ちの動きに最終的な落としどころ、つまり「オチがある」というのがポイントの2つ目です。

綺麗に表面をなぞった説明的文章はどうしてもオリジナリティに欠け、読み手が潜在的に「どこかで読んだことがある」と興味をなくしてしまいます。
もちろん、説明の切り口に「独自性」があればその限りではありません。
そういう場合はテーマ自体にすでに書き手の「気持ちの動き」の発端がでているわけですね。
説明をするにも、自分自身がテーマに興味を持たないことには、生き生きとした文章を書くことはできません。

そのため、良い文章を書くには、あらかじめよく知っている分野でしか書けないと思っている方も多いかもしれませんが、大好きで興味を持っている、毎日のように情報を集めている分野のライティングと同様に、全く知らない分野にとびこみ、知識を得ながらライティングする、という場合にもチャンスは十分にあります。

ライティングにおける「オチ」は、簡単に言えば「こうなって、こうなって、こうなって」の羅列ではなく、「こうなって、こうなって、こうなった」で終わる、ということです。
いわゆるギャグのオチのように意外性がある必要はないものの、一種の「カタルシス」は魅力的な文章を書く上で絶対に外せません。

無理矢理決着をつけなくても、今後への展望や読者への問いかけでもかまいませんが、これはやりすぎるとわざとらしくなることもあるので程々に。

以上、魅力的な文章を書くためのポイントをご紹介しました。
文章力をアップさせるには、良質な文章に触れることも役立ちます。
分野を限定せず、本でも記事でも、少しでも興味があれば片っ端から読んでみることもおすすめします。



魅力的な文章にするための書き方のテクニック



私は昔、女性誌の先輩ライターさんから、「ライターは、保険の外交と同じだ」と言われました。

この言葉には二つの意味合いが込められています。
まずは、「身の回りから攻めろ」ということ。
初めて生保や損保の営業をした人は、家族や親戚・友人など、身近ところから勧誘するといいます。

ライター業も同じで、コラムのように、「なんでも書いていい」となった場合は、自分の経験談から始め、いろいろ思い出しながら、家族や友人・知人のエピソード、周辺の話題などへと範囲を広げていくでしょう。
実際に経験したことがある話はいちばん強く、それが「読者の心をひきつける」可能性は大いにあります。

特に、他の人はあまり味わったことのないユニークな体験談や、誰にも負けないくらい熱中・精通している趣味などの話は、文章のうまい下手を超えて、素材だけで魅力的だと思います。
飾らず、自分の言葉で、ありのままに書けばいいのです。
この場合、文章のスタイルやテクニックを気にし過ぎると、かえって勢いがなくなり、魅力が軽減することもあります。
だから、とにかく筆を止めず、一気に書き上げたほうがいいでしょう。

保険の外交と同じ」に含まれたもう一つの意味は、「身の回りから攻めていると、いずれは、いや、早々に行き詰まるだろう」という教訓です。
ライターに置き換えれば、「ネタ切れ・ネタ枯れする」ことになります。

長くライターを続けている人なら、必ず幾度もそういう状態に陥ったことがあるはずです。
私は、そういうときは、「取材」で乗り切ります。
在宅ライターさんなら、わざわざアポイントを取って話を聞きに行くことは難しいでしょうから、電話を活用してください。
取材」といっても、そんな大げさに考える必要はありません。

テーマ自由のコラムのネタが自分の中に枯渇したと感じたら、親しいお友達などに電話して、「最近、何か面白いことあった?」と尋ねればいいんです。
テーマが与えられている原稿なら、そのテーマに詳しいと思われる人に連絡してみましょう。
その「取材」を基に書くわけですが、その際は、仕入れたネタをなるべく「自分の話」に変えてしまうのが大切です。
やはり自分の経験談のほうが説得力がありますし、魅力も増します。

書くことで悩んでいる人には、とにかく「取材」してみることをオススメします。

魅力的な文章にするための書き方のテクニック

真の意味で「読者の心を引きつける文章」は、テーマと内容次第なので、テクニックやコツなどありません!

なんて断言してしまったら身もフタもありませんね。
だから、私(ライター歴20年以上)が、少しでも読者が読みやすく、すっと心に入ってくる文章になるよう、心がけている点をいくつかお教えします。

自分のことや身の回りの話題を書くコラムなどで、「~だそうです」「~のようです」といった伝聞・推測を感じさせる表現は可能な限り使わないこと。
たくさんそういう表現が入っていると、信頼度が低下しますし、いかにも「他人事」のイメージを与えてしまいます。
400字(昔でいえば、原稿用紙1枚)程度の原稿なら、「1~2回しか使用しない」などと自分なりのルールを決めておいてもいいでしょう。

私は、以前、文章が平坦にならないようにするため、「400字の中に同じ言葉を2回以上使わない」というそうとう難しい文章修業に挑戦したことがあります。
経験」は、2回目は「体験」と表現し、以降、「経歴」や「キャリア」など同類の言葉を使い分け、書いてみました。
文末も、「ます」で締める文節が何度も続かないよう、「です」「のです」、「ました」「でした」などの過去形、さらに「~しょう」などの呼びかけ、疑問形や体言止めなども利用し、文章にリズム感を出す練習をし、それは今でも心がけています。

構成的には、「読者をひきつける」テクニックとして、この原稿のように、冒頭(タイトルではなく、本文の最初)に刺激的でキャッチ―な一文も持ってくるのも効果的です。
と、偉そうなことばかり言ってますが、この原稿が「心を引きつける魅力的な文章」になっているうかどうかは、正直、わかりません。

ベテランライターの私でさえ、そんなものです。
ただ、PCなどの前で悶々と悩んでいても、何も始まらないし、変わりません。
私のように、練習か修行と考えて、自分なりの課題を決めた文章を書いてみたらいかがですか?



記事作成の在宅アルバイト徹底比較


記事作成の求人募集サイトを会員数、案件数、最低換金額、報酬単価、仕事の種類、仕事のやり易さの6項目の違いを比較しました。

それぞれの記事作成募集サイトの特徴をレーダーチャートに表して分かりやすく比較検証しています。



クラウドワークス


創業1年で会員数98,000名を超える急成長中の在宅マッチングサイト
WEB作成、システム開発、バナー作成、記事作成など多様な案件

クラウドワークスの特徴・評判


サイト名 会員数 報酬 仕事の種類
クラウドワークス 98,000人 600文字で250円前後 12種類以上
案件数 最低換金額 特徴 運営会社
常時83前後 1,000円 時給制の仕事案件が斬新 ㈱クラウドワークス

会員数: 98,000人
最低換金額: 1000円
案件数: 常時83前後
仕事の種類: 12種類以上 WEB作成、システム開発、バナー作成、ライティング業務
報酬: 1記事600文字で250円前後
仕事のやり易さ: 時給制の仕事案件が新鮮で画期的




サグーワークス
sagooo
会員数277,000名を突破!勢いに乗っているクラウドソーシング
記事作成がメイン、アンケートやデータ入力案件もある

サグーワークスの特徴・評判



サイト名 会員数 報酬 仕事の種類
サグーワークス 277,000人 600文字で130円前後 3種類以上
案件数 最低換金額 特徴 運営会社
常時7500前後 5,000円 記事作成案件が豊富に用意されている ㈱ウィルゲート

rader_sa
会員数: 277,000人
最低換金額: 5000円
案件数: 常時7500前後
仕事の種類: 3種類以上 記事作成、データ入力、アンケート
報酬: 1記事600文字で130円前後
仕事のやり易さ: シンプルな管理画面で仕事しやすい




げん玉クラウド


㈱リアルワールドが運営するクラウド系ポイントサイト
会員数328万人を超える日本最大のポイントサービス。

げん玉の感想・評価


サイト名 会員数 報酬 仕事の種類
げん玉 3,280,000人 300文字で300~500ポイント前後 記事作成
レビュー
データ入力
チェック
案件数 最低換金額 特徴 運営会社
常時10前後 300円 短めで書きやすい案件が多い ㈱リアルワールド

会員数: 328万人
最低換金額: 300円
案件数: 常時10前後
仕事の種類: 4種類以上 記事作成、レビュー、データ入力、チェック
報酬: 1記事300文字で300~500ポイント前後
仕事のやり易さ: 書きやすい短い文章の依頼が多い






ルポ

会員数60000人以上の業界トップクラスのブログライター仲介サイト。
口コミ体験談の案件が充実している

ルポの特徴・評判


サイト名 会員数 報酬 仕事の種類
ルポ 80,000人 350文字で60円前後
400文字で80円前後
記事コンテスト
クチコミライター
ブログライター
覆面ライター
案件数 最低換金額 特徴 運営会社
常時60前後 1,000円 文字数も少な目で多くのジャンルがあって書きやすい ㈱ブルトア

会員数: 60000人
最低換金額: 1000円
案件数: 常時60前後
仕事の種類: 4種類 記事コンテスト、クチコミライター、ブログライター、覆面ライター
報酬: 1記事350文字で60円、1記事400文字で80円前後
仕事のやり易さ: 文字数も少なく多くのジャンルがあって楽しい




シノビライティング

忍ツールズで有名なサムライファクトリーが運営するライター募集サイト
ライター募集案件に特化している。圧倒的な案件数を誇る。

シノビライティングの特徴・評判


サイト名 会員数 報酬 仕事の種類
シノビライティング 2,500,000人 250文字で30円前後
400文字で50円前後
700文字で80円前後
ライター案件
案件数 最低換金額 特徴 運営会社
常時95前後 500円 豊富な案件数があり得意ジャンルが選べる ㈱サムライファクトリー

会員数: 非公開 忍ツールズユーザー数は250万人超
最低換金額: 500円
案件数: 常時95前後
仕事の種類: 1種類 ライター募集案件
報酬: 1記事200~300文字で30円、400文字で50円、1記事500~800文字で80円前後
仕事のやり易さ: 報酬は若干安いが、その分豊富な案件数があり得意ジャンルが選べる





最終更新日: 2014年07月29日