期間工は短期バイトに似ていて少し違うと感じる

期間工とは、働く期間が募集時や面接時や採用した時点で決められており、人手が足りない時期に大量募集される点は短期バイトに似ています。

 

短期バイトと期間工は似ているようで少し違い、短期バイトは年末年始やゴールデンウイークやバレンタインやクリスマスやお歳暮時期や夏休みなどに、数週間から1ヵ月超程度の期間働くものが多く、男性よりも女性のほうが向いている作業の求人が多く、男性よりも女性のほうが働いている人が多いです。

 

期間工はマツダやホンダやトヨタなどの知名度が高い大企業(または一般会社の工場)が、春の3月頃から5月頃までの期間・秋の10月頃から12月頃の期間までの間ぐらいに働いてほしいというモノが多く、女性よりも男性のほうが向いている作業の求人が多く、女性よりも男性のほうが働いている人が多いです。

 

短期バイトは期間工より働く期間が短いため、社会保険に入れるモノを見たことはないですが、期間工は作業時間や作業期間が長いおかげて、社会保険に入れることもあります。

 

短期バイトは寮がないけれど、期間工は寮を特別に用意してくれるところもあります。

時給や日給に関しても、短期バイトよりも期間工のほうが数百円から千円ほど高いモノが多いです。

 

履歴書に期間工経験を記載する際も、短期バイトよりは期間工のほうが目を引きやすく、短い期間や社会保険加入していないところは省いても良いとは言うけれど、期間工は書いたほうがプラスになるとされています。

 

工場勤務経験がないよりはあったほうが期間工の即戦力となり、採用されやすいと感じます。