報酬単価が高い商品紹介記事が狙い目

 

在宅ライターというと、四六時中パソコンに向かっていなければいけないのではないか?

というイメージをお持ちかも知れませんが、それは余計な心配だと思います。

 

月1万円程度なら、一日2~3時間、パソコンの前に向かうだけで稼げる金額だからです。

 

私は、在宅ライターとして月3万円くらい稼いでいますが、それでも、ずーっとパソコンの前でもなく、家事をこなし、外出しながらでもこなせています。

 

一日に1000円稼げれば、月トータルで、30000円ですからね。

 

私は、「 げん玉クラウド 」のタスク仕事を多用しています、タスクというのは、あるテーマの記事を複数の人から集める時に依頼人さんが取る手法ですが、その中でも、商品紹介のタスクを私は重点的にこなしています。

 

商品紹介というのは、化粧品や健康食品のような商品の紹介や口コミ記事の事です。

これらの記事は、テーマフリ―のブログ記事より、単価が高く100~250円するのもあります。

最初は、商品紹介サイトをチェックしながらで、多少、手間が掛かりますが、慣れると、20分位で400文字程度は書けます。

 

また、これらの商品紹介記事は、制限が無く、切り口と内容を変えれば、一人で何度も投稿できますし、採用率も高いのです。

 

この記事を一つ仕上げるのに、20分として、5記事書くとすれば、100分です。

2時間かからずに、1000円稼げるという事になりますよね。

 

同じように狙い目なのは、都道府県の紹介記事です。

単価も100円~200円と高く、文字数もそれ程多くはないのですが、
地理に関する事だからなのか、意外に作業されているライターさんがいません。

 

ここだと競争相手がいないわけですから、時間にゆとりをもって作業できるわけです。

ですから、余りガツガツせず、出来そうな仕事から始めて、同じタイプの記事が続いたら、日記ブログの記事とか、タイプの違う記事にシフトチェンジすると気分が変わってストレスを感じる事なく仕事ができますよ。

 

文章の上手い下手よりも、誠実に決められた文字数を書く方が、絶対に採用率は高いです。

文章力とか、洒落た表現とかにこだわらず、自然体で仕事に向きあってくださいね。