空いてる時間で月1万5千円 ~在宅ライターをはじめて1ヶ月経ちました

 

私は、1ヶ月前から在宅ライターをはじめました。

空き時間にちょこちょこっと仕事をしています。
まったく素人の私の書いた文章を買い取ってくれるところがあるなんて、今までは夢にも思っていませんでした。

 

在宅ライターが簡単に仕事をできるようになったのは、クラウドというコンピューターシステムのおかげです。

記事のテキストをクラウド上にをアップするだけなので、発注者と受注側の環境が違っていても仕事は成立します。

PCとインターネット接続環境さえあれば、仕事をはじめるにあたってのコストはゼロ、何の準備もいりません。

だから、思い立ったらすぐにでも仕事を始めることができます。

 

私が在宅ライターの仕事を始めるきっかけは、「 げん玉クラウド 」というサイトのことを新聞記事で知ってからです。
できそうな仕事があればやってみよう、と気軽な気持ちで登録しました。
記事、コラムを書く仕事で、最初は1件200文字~300文字、50円~100円くらいの仕事からはじめました。

一件1000文字以上の仕事は報酬もいいですが、慣れていない人がひとつのテーマで1000文字書くのは結構しんどいです。

 

だからはじめは少ない文字数の仕事を選ぶほうがいいと思います。

慣れてきたら文字数の多い仕事にチャレンジすればいいのです。
記事、コラムのテーマは多種多様ですが、自分の強い分野を選ぶようにすると、無理なく書けます。
発注者の意図を汲んで文章を書くことも大切です。

書く前に、どういう記事を必要としているのか、発注者側に立って考えることも必要です。

 

在宅ライターの仕事をはじめてちょうど一ヶ月、現在の実績は15000円くらいです。

慣れるまでは短い記事を書くのに30分くらいかかっていましたが、今なら300文字程度なら10分~15分くらいあれば書けます。

自分の強い分野ならもっとはやく書けるかもしれません。

 

私の場合、本業のかたわら、空き時間を使っての仕事なので、月15000円稼げたら十分じゃないかなと思っています。
最初から高い目標を掲げないで、できる範囲で無理のない仕事、完成度の高い仕事をしていくことが、自分のスキルアップにもつながります。