1日1時間で月収5千円未満 ~在宅ライターを初めて一ケ月の総体的な感想です

 

とある「 クラウドワークス 」関連のサイトに登録し、在宅ライターの仕事を初めて一ケ月少々経ちます。

平均すると一日に1時間くらいの実働時間で、この1ケ月の収入は五千円に満たないくらいでした。

 

あくまで、家庭生活に無理のない範囲での働き方なので、この程度でも全く不満はありません。

ただ、記事一本当たりの単価は決して高いものではない、ということは念頭に置いておく必要があると思います。

 

それでも、安かろう悪かろう、といういい加減な仕事をすると、仕事が承認されない、応募した仕事を獲得できない、ということになります。

なので、決して、いい加減な気持ちでしてはならない仕事だと思います。

 

自分の期待半分ではありますが、実績を重ね、自分の評価が高まっていけば、それにつれて、単価が上がっていくケースも多々あるようです。

書き物の質を上げる意識は、常に持っているべきだと思います。

 

依頼主の方々のご意向を拝見していると、難解な文章、あるいは、名文を書くことができる、というよりも、誤字脱字・文法的な間違いがなく、誰が読んでも意味が通るわかりやすい文章を書くことができることの方が大切だと思われます。

また、文字数を稼ぐためだけに、意味不明の記号を多用したりすることは慎まねばなりません。

ものによっては、ある一定の世代の方たちだけに通用する言葉で書くことが推奨されるケースもあるかもしれませんが、やはり、いろいろな世代の方の眼に触れる可能性があるので、常識、良識を持って書くことが必要だと思います。

 

なお、オリジナリティーが重要視されることは当然のことで、よそのサイトで見つけた文章をコピーペーストして持ってくるような盗作まがいのことは決してしてはならないことでしょう。

 

先ほどの単価の話とも関連しますが、自分の身の回りのことを書いてしまうだけの日記的な雑文タイプのものは、何の下調べもいりませんので、最も単価が低いようです。

さまざまなウェブサイトを通しての下調べ、あるいは、実地での取材が要求される本格的な「記事」の場合は、標準的な単価も雑文の2~3倍になるようです。

 

最初は、身の回りのことや自分の過去の経験から書くことのできる内容から着手し、経験や勉強を積んで、単価の高い、本格的な記事に挑戦することが望ましいのではないでしょうか。
貴女のお役に立てましたら、幸いです。