在宅ライターを始めるにあたっての心得

 

 

在宅ライターの始め方

 

 

インターネットを活用して稼ぎたいと思っている人にとって、在宅ライターは最適な職種です。
世の中には様々なネット副業が存在しますが、はっきり言って安定して稼げるものはほとんどありません。

一ヶ月に何万人もの視聴者を集められるような人気サイトでなければアフィリエイトの収益は微々たるものですし、FXは利益より多額の損失を生む危険性の方が高いと言えます。

 

その点、在宅ライターは記事を書くだけで一定の収入を継続して得られる仕事です。

興味があるなら間違いなく始めて損はありません。

 

さて、一口に「記事を書く」と言っても、ライターに求められるものは様々です。

特定のウェブサイトや商品の長所を説明する文章、特定の事柄について論評するコラム、日々の出来事を記述する日記。

記事を書くにあたって、クライアントの提示する条件をしっかり把握して文章を作成することが重要です。

 

記事に求められる文字数もクライアントによって異なりますので、1記事あたりの作成時間もまちまちです。

早ければ5~10分程度で終わることもありますし、2~3時間以上かかる場合もあります。

 

概して執筆に時間のかかる記事ほど報酬も高くなります。

100文字程度の短い記事なら数十円前後、1000文字以上なら数百円~千円前後の報酬が一般的ですが、秀逸な記事を書けるようになればライターとしての信頼が高まり、クライアントから提示される報酬が上がることもあります。

 

在宅ライターとして稼ぐために大切なことは、時間を効率的に使ってできるだけ多くの記事を執筆することです。

1記事あたりの報酬が少なくても、多くの記事を書けばその分収入は上がります。

 

ちなみに私は一日に5~6時間ほど記事作成に時間を費やしています。

執筆速度はそれほど速い方ではないと思いますが、それでも一月に2~3万円は稼いでいます。

努力次第ではもっと稼げる人もいることでしょう。
もちろん、在宅ライターにも守らねばならないルールがあります。
一つは、「守秘義務の厳守」です。

クライアントから記事作成を依頼される際、様々な企業情報を伝達されることがありますが、それらの情報を記事作成以外のことに使用してはいけません。

自分のブログで公開するなどもってのほかです。

 

また、「著作権」も守らねばなりません。

記事を執筆する際、本やインターネットの検索で情報を調べることが多々あると思いますが、それらの文章を丸写しすることは法律違反となります。

たとえ資料を使うにしても、必ず自分の言葉で表現するようにしましょう。