初めて在宅ライターを始める方へアドバイス

初めて在宅ライターを始める方へアドバイス

 

在宅ライターを始めてみたいという方に朗報です。

実際に在宅ライターで稼いでいる先輩方よりお話しを頂きました。

在宅ライターの始め方や、初心者向けの案件、稼ぎやすいサイトなど

実体験から得られた貴重な記事作成ノウハウです。

 

 

経験ゼロから在宅ライターへ

 

 

『在宅ライターを始めたきっかけ』

 

 

私が在宅ライタ-を始めたのは、ごく最近のことです。

子供が小学高学年になり、宿題や翌日の授業の準備など、身の回りのことが私の手助けなしに出来るようになって来るに従って、これまで子供に費やしていた時間が、かなり自由に使えるようになって来ました。

ただ、一人っ子で甘えん坊の娘を放課後に完全に一人で留守番をさせるとなると不安もあるので、外に働きに行くという選択肢は今のところありませんでした。

 

何か家にいて出来ることはないかしら…と漠然と考えていたある日、よく見ていた某大手新聞社主催の掲示板の話題に“在宅ライター”というのが挙がっていて、それがとても気になったんです。

昔から文章を書くのは好きで得意なほうですし、ライターという仕事にも憧れがあったので、もっとよく知りたいとネットで検索をかけてみると、在宅ライターというのは、指定されたテーマやキーワードを元に、ブログなどの短い記事を書く仕事が多いということが分かりました。

もしかしたら、私にも出来るかもしれないと、実際にお仕事をするにはどうしたらいいのかを調べてみたのです。

 

『仕事の探しかた』

 

 

実際、ネットで検索すると「在宅ライター募集」というページもたくさんヒットしますが、あまりにもいろいろ有り過ぎて、どこがいいのか選ぶのが難しそう。

また、こういったライター募集では、10-50件などの案件がセットで発注されることが多いようなので、経験のある人、時間のたっぷりある人にはまとまった収入にもつながるのでいいのかもしれませんが、ライターとしての実績の無い私には荷が重いかな…というのが正直な感想でした。

 

更に調べていくと、幾つかのサイトでは、登録をしておいてページ上で紹介される案件から自分で書けそうな記事を選んで書くというのが可能なものもあり、これなら私にも出来そうと幾つか登録してみました。

私が選んだのは、口コミで評判がよく、登録者数も多い「サグーワークス」と、「クラウドワークス」です。

 

『在宅ライターって難しい?』

 

 

在宅ライターを始めてまだ2ヶ月ですが、「好きなファッションについて500文字で」とか、「渋谷というキーワードで400文字」とか、特別な知識がなくても自分の思うことをそのまま文章にすればいい案件も結構見つかることが多いので、経験のない私でも自分でも意外なほどスムーズに書けています。

記事を書く時に気をつけているのは、それぞれのサイトや、個々の案件の注意事項を必ずきちんと読んで、発注するクライアントが求めている記事を把握すること。
また、どんな人が読んでも不快にならない内容を、数行毎に改行を入れたりして、読みやすい文章を書くことを心掛けています。

 

もちろん、記事はオリジナルを求められるので、ネットの他の記事や本などを参考にすることはありますが、それをそのまま使わずに、自分の言葉に噛み砕いてから書くこと。

これは何より大切です。

 

『在宅ライターの収入-私の場合』

 

 

子供が学校に行っている間に、掃除や買い物などを済ませてから書いているので、1日に書くのは2-3記事ということが多いですね。

記事1本の単価は50円-200円ぐらいのものがほとんどと決して高くはないですが、毎日コツコツ続けると結構溜まって来るもので、先月は7000円ほどの収入になりました。

 

じっくり考えながら書くと1本1時間ぐらいかかってしまうことも多いのですが、得意な話題なら30分かからずに1記事書けることもあるので、経験を積んで慣れていけば、近い将来は月に1万円以上の収入になるのではないかと思っています。
当面の目標は、「半年後の月収1万5千円」です。

 

 

在宅ライターの始め方

 

 

インターネットを活用して稼ぎたいと思っている人にとって、在宅ライターは最適な職種です。
世の中には様々なネット副業が存在しますが、はっきり言って安定して稼げるものはほとんどありません。

一ヶ月に何万人もの視聴者を集められるような人気サイトでなければ「アフィリエイト」の収益は微々たるものですし、「FX」は利益より多額の損失を生む危険性の方が高いと言えます。

 

その点、在宅ライターは記事を書くだけで一定の収入を継続して得られる仕事です。

興味があるなら間違いなく始めて損はありません。

 

さて、一口に「記事を書く」と言っても、ライターに求められるものは様々です。

特定のウェブサイトや商品の長所を説明する文章、特定の事柄について論評するコラム、日々の出来事を記述する日記。

記事を書くにあたって、クライアントの提示する条件をしっかり把握して文章を作成することが重要です。

 

記事に求められる文字数もクライアントによって異なりますので、1記事あたりの作成時間もまちまちです。

早ければ5~10分程度で終わることもありますし、2~3時間以上かかる場合もあります。

 

概して執筆に時間のかかる記事ほど報酬も高くなります。

100文字程度の短い記事なら数十円前後、1000文字以上なら数百円~千円前後の報酬が一般的ですが、秀逸な記事を書けるようになればライターとしての信頼が高まり、クライアントから提示される報酬が上がることもあります。

 

在宅ライターとして稼ぐために大切なことは、時間を効率的に使ってできるだけ多くの記事を執筆することです。

1記事あたりの報酬が少なくても、多くの記事を書けばその分収入は上がります。

 

ちなみに私は一日に5~6時間ほど記事作成に時間を費やしています。

執筆速度はそれほど速い方ではないと思いますが、それでも一月に2~3万円は稼いでいます。

努力次第ではもっと稼げる人もいることでしょう。

 

もちろん在宅ライターにも守らねばならないルールがあります。

 

一つは、「守秘義務の厳守」です。

クライアントから記事作成を依頼される際、様々な企業情報を伝達されることがありますが、それらの情報を記事作成以外のことに使用してはいけません。

自分のブログで公開するなどもってのほかです。

 

また、「著作権」も守らねばなりません。

記事を執筆する際、本やインターネットの検索で情報を調べることが多々あると思いますが、それらの文章を丸写しすることは法律違反となります。

たとえ資料を使うにしても、必ず自分の言葉で表現するようにしましょう。

 

 

始めて1ヶ月目の結果報告

 

 

これから在宅ライターを希望される方に、私の在宅ライターの様子を少しお伝えします。

私は、ちょうど在宅ライターを始めて一か月経ちました。

ただ私の場合は、数などまとまった依頼を受けてから、執筆するライター業務ではなく、「 げん玉クラウド 」の中から、今できそうなものを選んで、その場で執筆し、その場で納品する形です。

 

クラウドは、早い者勝ちで、うまく自分の書きやすいテーマを見つけることができるかは、運に近いかもしれません。

ですが、他のサイトに比べ、一記事の単価は高めです。

テーマも多岐にわたっているので、書きやすいですし、少しでも自分が書けるかな、という記事なら挑戦することをおすすめします。

 

私は、このクラウドでのお小遣い稼ぎをする時間は、子供のお昼寝の時間か、家族が就寝した後の1~2時間くらいです。

ですが、できるだけ、毎日続けるように意識しました。少ない時は1日に1記事の時もありますし、うまくテーマが見つかって連続して5記事くらい書くことができた日もあります。

その結果、1か月の金額は1万円を超えることができました。

 

1万円を超えることを第一目標にしていたので、1日にしたら数百円ずつですが、「塵も積もれば山となる…」ということで、すごくうれしかったです。

 

もし、クラウドで在宅ライターを始めるのなら、できるだけ毎日継続することを、いろいろな出来事に関して興味を、浅くでもいいので、広くもつことをおすすめします。
いろいろなテーマで書く必要がでてきますが、少しでも聞いたことある…という状態だと、全然知らない時とは違い、調べればそれほど難しくなく、記事にすることができるからです。

 

 

始めて2ヵ月目の結果報告

 

 

私は、「 クラウドワークス 」という在宅ワークのサイトでお仕事を始めてから、二ヵ月半が経過しました。

このクラウドのサイトでは、プロジェクトやコンペという方式のお仕事の他、誰にでも簡単にできる記事を書いたり、サイトのチェック作業、アンケートの回答、クチコミの投稿といったお仕事が、毎日たくさんの種類から選べます。

私はその中から自分が得意な分野の記事を書くお仕事を選んで、コツコツ空いた時間にお小遣い稼ぎをしています。

 

記事も文字数が100文字から1200文字ぐらいのタスク作業ばかりなので、私はいつも自分が得意な美容やダイエット、ファッション、恋愛などの分野のお仕事を選んで作業しています。

具体的には、お部屋の掃除をしたら3記事、洗濯をしたら3記事、お料理をしたら3記事といった感じで、気分転換に作業しているので、全然ストレスにも疲労にもなりません。

楽しく好きな分野の記事を書いて、いつの間にか月に2~3万円ぐらい稼げるようになっていました。

 

 

稼ぎやすい狙い目の案件

 

 

私は、「商品紹介」のタスクを重点的にこなしています。

 

商品紹介というのは、化粧品や健康食品のような商品の紹介や口コミ記事の事です。

これらの記事は、テーマフリ―のブログ記事より、単価が高く100~250円するのもあります。

最初は、商品紹介サイトをチェックしながらで、多少、手間が掛かりますが、慣れると、20分位で400文字程度は書けます。

 

また、これらの商品紹介記事は、制限が無く、切り口と内容を変えれば、一人で何度も投稿できますし、採用率も高いのです。

この記事を一つ仕上げるのに、20分として、5記事書くとすれば、100分です。

2時間かからずに、1000円稼げるという事になりますよね。

 

同じように狙い目なのは、「都道府県」の紹介記事です。

 

単価も100円~200円と高く、文字数もそれ程多くはないのですが、
地理に関する事だからなのか、意外に作業されているライターさんがいません。

ここだと競争相手がいないわけですから、時間にゆとりをもって作業できるわけです。

 

 

案件数が多いサイトを選ぶ

 

 

私は現在、在宅ライターに4つ登録をしています。
在宅ワークをするにあたってのアドバイスは、やはりいくつかの会社に登録することです。

一つだけでは月に2万くらい稼ぎたい人には厳しいと思います。

ライターの書き方はそんなに難しくはないですが、自分の書きやすい題があるかないかで収入がかなり変わる為、いくつかの在宅ライターに登録することをお勧めします。

 

私が登録をしているのは、「 げん玉クラウド 」、「 クラウドワークス 」、「 Shinobiライティング 」、「 サグーワークス 」です。

 

その中で書きやすいのが「げん玉クラウド」です。

案件も多いですし、自分が書きやすいのが多いです。

 

私が登録している4つは案件はとても多いです。

毎日100円の案件を10件書いたとします。

それを30日続けたら30,000円になります。

 

今まで主婦をしていた方には良いお小遣いになると思います。

 

 

3サイト掛け持ちで月収5万円

 

 

私は昨年まで正社員として事務員をしていました。

しかし脳出血を起こし長期入院し泣く泣く退職を余儀なくされました。

脳の病気ですので、再就職も難しく車の運転もできない状態で途方にくれていました。

 

住宅ローンもまだまだ残っていますし、子供の教育費だってこれからかかります。

完全に無収入になった私は、家にいながらでもお金になる仕事がないかネットで探していました。

 

そんな時にみつけたのが「在宅ライター」です。

もともとパソコンを打つのは得意ですし、真剣に漫画家をめざしていたこともあり、想像力も妄想も大好き人間です。

作文も書くのは得意でしたので自分にでもできるかもしれないと、登録してみました。

 

パソコンさえあれば簡単に開始できますよ。

できれば入力が早いひとがいいですね。

慣れている人のほうが向いています。

 

わたしの在宅ライターの収入は平均すると1か月5万円くらいです。

かなり高額なほうだと思っています。

ほとんど朝から晩までパソコンの前で作業しています。

 

休日もずっとパソコンで作業します。

もう生活の一部になっていますね。

でも在宅ライターのいいところは、通勤することもないし時間に縛られないことです。

 

疲れたら休憩できますし、家事もできます。

調子がよければずっと入力していることもありますが、今日は少なめにしようとか体調によって仕事の調節ができます。

 

病気持ちの私にはぴったりの仕事です。と、いうかもうこの仕事しかお金を稼ぐことはできないのです。

 

評価していただく文章を書くには、決められた文字数を守り、書いてはいけないテーマもありますのでよく説明文を読むことです。

 

稼ぎやすいサイトは最初は、「 サグーワークス 」がいいと思います。

初心者向けのお小遣い稼ぎサイトです。

 

慣れてくれば、「 クラウドワークス 」がいいですね。

物件も多いですし、書きやすいテーマが多いのが特徴です。

 

私は3件掛け持ちしています。

1記事の価格もテーマによって差があります。

自分の書きやすいテーマから始めてみてはいかかですか。