読者をひきこむ文章の共通点

 

自分は書くことが好き。

でも果たしてそれを他の人が読んだら、「気に入ってくれるか?魅力的な文章になっているか?

私も自問自答したひとりです。

 

そしてたどりついたのが、

自分が誰かのブログやサイトを開いたとき、読み続けるのは、どんな文章か?

です。

 

溢れかえる膨大な文章。
何これ!』と、開くなり閉じたくなる文章も多いですよね。

 

逆に、いい文章を沢山読んでいると、そこに共通するものがあることに気が付きます。

 

以下は、私自身がつい引き込まれる、読み続けたくなる文章に共通する項目です。
よかったらヒントにしてみてくださいね。

 
魅力的なタイトル

 

 

記事が目に入ってきたとき、まずどこに目がいくか。
それはやはり、「タイトル」です。
タイトルに惹かれなければ、私も大抵において、すぐ他のサイトに移動してしまいます。

 
内容がタイトルからずれてない

 

 

いくらタイトルに惹かれて読み始めても、3段落ほど読んで、そのタイトルに関連する文章がでてこないと、いらいらしはじめます。

タイトルに関連する内容は、少なくとも「3段落目」以前に入れます。

 
繰り返しが必要以上にない

 

 

ブログやサイトによっては、やたらと同じことばかり繰り返すものがあります。
強調したいのは分かりますが、度を過ぎる繰り返しは、読者をいらつかせます。

 
誤字脱字が少ない

 

 

当たり前のことのようですが、人の文章を読んでいると、意外に誤字脱字が多いことに気が付きます。

少しでしたら私も読み流しますが、あまり多いと、その文章の信用性さえ疑いだします。

 
簡潔な文章

 

 

だらだらと長い文章は、読んでいてとても疲れます。
短いセンテンスでテンポがいい文章は、気持ちよく読めます。

 
難しい言葉を乱用しない

 

 

専門的な場合は仕方ないですが、あまりにも難しい言葉や漢字が並んでいると、読者が抵抗を持ちます。

出来る範囲で、平易な言い回しにします。