魅力に溢れる文章を書くには

 

読者の心をひきつける文章を書くことは、思いのほか難しいものです。

しかし、文章を書く経験を重ねるにつれて、徐々にコツがつかめます。

 

魅力的な文章の一番の条件は、『読者が理解しやすい』ということです。

つまり、ストレスを感じずに読み通すことができ、内容がすぐ頭に入るような文章が望ましいのです。

そうした文章を書くためには、いくつかのポイントがあります。

 

まず、「難しい漢字や言葉を使わないこと」です。

読者は、文章の中になじみのない難解な単語が出てくると、戸惑ってしまいます。

そのようなことが続くと理解に手間取り、文章全体に魅力を感じなくなってしまうのです。

自分の中にある知識や教養を、やわらかく噛み砕いた上で文章にするのがベストです。

 

また、「一文を長くしすぎないこと」も大切です。

たとえいくつかの句点が入っていたとしても、一文がだらだらと続くのは良くありません。

文意がつかみにくくなり、読者の理解を妨げる原因となるからです。

一文が長くなるようなら、論点を整理して二つに分けるなどの工夫が必要です。

 

さらに、「なるべくポジティブなイメージを盛り込む」のも有効です。

否定的な言葉や言い回しを多用した文章は、読む側にとって楽しいものではありません。

仮にネガティブな話題を扱う場合でも、構成に気を配りましょう。

 

たとえば、文章の最終部分に何らかの希望が持てるような事柄を書き添え、読後感を良くすることもできます。

 

それから、文章全体の「起承転結」をはっきりさせておきましょう。

 

』の部分では、その文章の核となることを簡潔に述べます。

さらに『』の部分で、『』の結論に至った理由を述べます。

そして『』では、題材にまつわるさまざまな具体例を記します。

最後に『』で、結論をまとめます。

 

このような構成に当てはめると、書くべきことが自然に整理されていきます。

それによって、執筆者はまとまりのある分かりやすい文章を書くことができます。

結果的に、読者にも内容がうまく伝わるというわけです。

 

こうしたコツを考慮しつつ、たくさんの執筆をこなすことで、魅力的な文章へとつながるはずです。