文章は人間が紡ぐもの

 

 

文章は人間が紡ぐもの

 

 

誰にだって、時間がたつのも忘れるくらい夢中になって読んだ本というのがあるものです。

そんな時「私もこんな本が書けたらいいな」と思うものです。

どうしたら魅力のある文章が書けるようになるのでしょうか。

 

まずはいろいろな本を読んでみることです。

自分の中の「言葉の泉」を豊かにするのです。

 

自分の中にある言葉が少ないと人に向けて上手に言葉を発信することはできません。

自分が目指す書き手のものでもいいし、手当たり次第の本を読む時間も文章に携わる人なら必要だと思います。

 

そして文章を書く時はそのテーマを徹底的に調べるのです。

1」書くとしたら、自分の中には「10」の知識が必要です。

しっかりとした取材をすると分かりやすく人に伝える言葉が自然に自分の中から出てきます。

それこそが読者が求める文章なのだと思います。

 

文章には構成も大切です。

山も谷も結論もない文章では読んでいても退屈するだけです。

一番書きたいテーマを中心に構成を決めるのです。

 

一般的な「起承転結」でもいいし「1.2.3.」でもいいです。

読み手をわくわくさせるような構成を考えます。

そうして書いた文章は必ず一晩置いて推敲しましょう。

 

よく「夜書いた手紙は朝読み直す」と言われますが、時間を置いて読み直すと自分でも何だか違うなという部分が必ずあるからです。

ここで全面改稿してもいいのです。

つっかえた感じがせずすらすらと読めるようなら成功です。

 

一番大事なのは自分自身を成長させることなのでしょう。

平凡な毎日の中で暮らした人が書いた文章と激動の人生を歩んだ人が書いた文章は確かに違います。

 

どちらもそれぞれの味がありますが、私たちの心を惹きつけるのは間違いなく「後者」です。

 

激動とまではいかなくとも刺激のある毎日を送ることが文章にリズムを与えることでしょう。

恋愛や失恋だっていい経験だし、友人と遊ぶことだっていい。

そのすべてがスパイスとなってあなたの文章に彩りを添えてくれることでしょう。