良い文章は滑らかに頭に入る

 

文章を書くのって、本当に難しい。

以前からそう思っていましたが、自分が文章を書くお仕事を始めてからつくづくそう思います。

 

もちろん文章に限らず、何かを作るというのは頭を使い、手間と時間を惜しまずにやらなくてはいい物ができないのです。

なかでも特に、文章というのは飛びぬけて難しいと思います。

 

だって見本があるわけではありませんから。

ハンドクラフト」などのように、見本をもとにしてそれに沿ってやればいいというのとは、ちょっと違うと思います。

 

といっても、難しい難しいと考え込んでばかりでは、くるしいだけで一行も書けません。

ここで、私が自分の文章をすこしでも「ブラッシュアップ」しようと試している方法をお教えしたいと思います。

 

それは自分の書いたものを、必ず「音読」で読み返すことです。

上手な文章は、音読するとよくわかります。

するすると流れるように文章がつながっていて、無理がない。

 

音として読んでいるとそれがよくわかります。

耳に引っ掛かる部分が、まるでないのです。

 

するすると読める文章は、するすると頭に入ってきます。

そうやって自分の書いたものを、音読してみると、リズムや言葉の使い方を変えたほうがいいことがわかります。

 

音読して、引っ掛かる個所を直していくうちに、だんだんと書くものが滑らかになってきます。

まさに磨きあげられていく感じです。

 

また、あなたが書いたものを大勢の人に読んでほしいと思うなら、難しい単語や言い回しを使わずに、分かりやすい内容を書くように心がけてみましょう。

そのためには、力を抜いて書くことが大事です。

 

力を抜くにはどうしたらいいのか。

私は以前、「文章教室」にも通っていましたが、そこの先生がこんな風に言っていました。

 

文章がうまくなりたいなら、とにかく書きなさい。書いて書いて書きまくっているうちに、あなたの文章の外側にある、かたい鎧がはずれてきます。鎧の内側にあるものこそが、あなたの本来の文章なのです。そうなるためには、自分が書けると思う以上の量を書きなさい

 

それ以来なるべくたくさん書くようにしています。

テーマでもいいから、頭に浮かんだものをそのまま書き続けます。

 

そして書いたものをなおして、また別のテーマについて書く。

それを繰り返します。

 

文章は、書けば書くほど楽にかけるようになります。

ジョギングだと思って、毎日書くようにしましょう。