データ入力案件の注意事項

phm21_0127-s近頃クラウドソーシング系のサイトではデータ入力の案件が増えてきています。

一例を挙げると、文書作成や情報収集、資料を見ながら必要事項をエクセルに入力していく作業などがそれにあたります。

 

どれも非常に地味な作業なので、かなりの根気を問われます。

報酬はクライアントによって大きく異なりますが、テキスト入力なら一文字0.2円くらいが相場であり、まとまった収益を上げるためには継続した努力が必要となります。

 

その分、努力が確実に報われる仕事なのでやりがいはあります。

 

ちなみに、情報収集やエクセル入力の場合、指定された資料からコピー&ペーストを行うことができるのでそれほど難しくはありません。

特に、エクセルのVBAに精通している方はマクロでコンピューターに自動的にセル入力を行わせることも可能なので非常に効率的に稼げます。

 

興味のある方は、ぜひ「VBA」の勉強をしてみてください。

 

一方、文書作成の場合はオリジナリティーを強く求められます。

資料を参考にするのはかまいませんが、丸写しは厳禁です。

最悪の場合、著作権侵害で訴えられる恐れもあるので注意しましょう。

 

また、インターネット上ではデータ入力の仕事を斡旋するサイトが多数見受けられますが、これらの中には詐欺サイトもまじっていることに留意しなければなりません。

会員登録したユーザーに高額の教材を購入させておきながら一切仕事を紹介しないインチキサイトも少なくないのです。

 

実際、多くの方が詐欺の被害に遭っており、社会問題になっています。

 

データ入力で確実に稼ぎたいのであれば、「クラウドワークス」に代表される社会的信頼性の高いクラウドソーシング系のサイトを活用するようにしてください。