げん玉クラウドとモッピーワークスは、玄人向きと初心者向きにはっきり分かれています

げん玉クラウドとモッピーワークスは、今利用者が急増しているクラウドソーシングと呼ばれるネットで仕事をしてお金を風ぐことが出来るコンテンツです。

両者は、出来る仕事の内容が大きく異なっているため、それぞれにメリットとデメリットが存在しています。

 

モッピーワークス

 

まずモッピーワークスですが、出来る仕事は文章の入力(ライティング)となります。

出題されたジャンルに対して文章を書いていくのですが、40文字、150文字、800文字といったように書く文字数が決められており、それによって稼ぐことが出来る金額も変わってきます。

 

最も文字数が少ない40文字なら書くことによって5円の収入、800文字なら100円の収入といったように、貰える収入がかなり違ってきます。

40文字の仕事だと20個こなさなければ100円にならないわけですが、800文字なら1つの案件だけで100円稼げますから、文章に自信がある人は長文を選んで仕事をしたほうが効率よく稼げます。

 

げん玉クラウド

 

げん玉クラウドは、ライティングもありますが、他にもデータ入力や写真撮影、案件で指定されたもののレビューや文章のチェックなど様々な仕事を行うことが可能になっています。

レビュー1件で1000ポイント、ライティングは300文字で300ポイント程度のポイントを獲得できるようになっています。げん玉の場合、1000ポイント=100円という計算ですから、300ポイントだと30円ということになります。

 

案件によっては400文字で800ポイント稼げる案件などもありますから、モッピーワークスに比べて自由に仕事を選んで行うことが出来るのではないでしょうか。

 

まとめ

 

モッピーワークスは文字数も少ないため気軽に稼げ、スキルをあまり必要としないので初心者向き、げん玉クラウドは様々な仕事を選べますが、それなりのスキルが必要になってくるのでクラウドソーシングに慣れた人向きだと言えるかもしれません。